1. HOME
  2.  > 
  3. ブログTOP > 
  4. 引っ越し > 引っ越しとWP、PHP、テーマ、プラグインバージョンアップのご依頼をいただきました!
カテゴリ:引っ越し

引っ越しとWP、PHP、テーマ、プラグインバージョンアップのご依頼をいただきました!

引っ越しとWP、PHP、テーマ、プラグインバージョンアップのご依頼をいただきました!

東京、大阪と幅広く運営されている歯科医院様より引っ越しとWP・PHP・テーマ・プラグインアップデートの同時ご依頼をいただきました!

サーバーの引っ越しと合わせて、それぞれのバージョンアップ。どのような流れで行ったのか、どういった点に気を付けたかなど、実際にかかった費用も含め詳しくご紹介します。

ご依頼内容詳細

以前にも一度別件で相談したことがあ〇〇(お客様名)です。今回は以下2サイトについての相談になります。制作会社が作成した後、保守管理がほとんどされずに放置されているサイトです。現時点での希望は、各種アップデート(WordPress、プラグイン、WPテーマ)になります。

制作会社がそのままWordPressの保守という名目で月額固定費を毎月請求しているケースはよくあるケースです。

いただいたご依頼内容から見て、WordPressに関わるシステム等のバージョンアップは含まれおらず、少し心配されているようでした。

そのため引っ越しに合わせて、すべてのバージョンアップを含めたご依頼をいただきました。

作業の流れ

作業の流れ

いただいたご依頼から行う作業の流れは以下の通りです。

  • 1.バックアップ取得
  • 2.引っ越し先サーバーの環境構築
  • 3.データ移設
  • 4.WordPress・テーマ・PHP・プラグインバージョンアップ
  • 5.最終チェック、本番環境反映
  • 6.作業報告書提出

1.バックアップ取得

移設前に使用している、制作会社からWordPressサイトに関わるすべてのファイルを取得します。バックアップを取得する際、完璧に取得する必要があるため目視で確実にダウロードします。

※ラッコのWP代行屋さんでは必ず手動で行うことになっていますが、特定のサーバーはwp-content内しか取得できないこともあるため、独自の方法で取得を行います。

2.引っ越し先サーバーの環境構築

制作会社のサーバーから引っ越しを行う前に、新たに準備したサーバーの環境構築を行います。移設する新たなサーバーはXserverです。

Xserverは、高速化にも優れたサーバーでOSはnginx(エンジンエックス)を採用しています。htaccessの操作方法が若干異なるため、Xサーバーに合わせて環境構築を行います。

その他、テーマ・プラグイン・WordPress自体が正常に機能するよう細かい設定を行います。

3.データ移設

環境が整ったら、制作会社のサーバーから取得したバックアップをアップロードします。

移設する場合のプラグインは使用しません。一つひとつのファイルを目視で確認しながら移設することで漏れを防ぎ全てのデータを着実移設します。データベースも漏れがないよう細かくチェックしています。

ちなみに引っ越しを個人の方に依頼したり、ご自身で行ってうまくいかず、ラッコのWP代行屋さんに依頼される方の多くがこういった地道な作業を行わずに失敗しています。

4.WordPress・テーマ・PHP・プラグインバージョンアップ

データの移設が完了したら、WordPress・テーマ・PHP・プラグインのバージョンアップを行います。

どれも、それぞれ関係し合って正常に機能しているため、慎重に行わなければなりません。どれかバージョンの相性が合わない、互換性に問題があると正常に機能せずサイトに問題が生じます。

特にテーマは、表示(デザイン)に関係する部分になるので、バージョンアップを行った後、PC・スマホどちらも崩れないかも確認します。

今回、テーマのバージョンアップを行った際にヘッダー部分のメニューデザインに不具合が生じましたが、簡単に修正ができる点であったためラッコのWP代行屋さんで対応させていただきました。

WordPress・テーマ・PHP・プラグインバージョンアップをご自身で行う場合は、必ずバックアップを取得して行うことをおすすめします。

5.最終チェック、本番環境反映

すべての工程を終えたら、最終チェックを行います。

引っ越し・バージョンアップで、どこかバグが発生していないか、表示が崩れていないか目視で細部までチェックし問題がなければ本番環境に反映させます。

実は、今回のご依頼は同時で2サイトあったため2倍の工数がかかってしまったのですが、もともとの構造は同じということもあり本番環境への反映もスムーズにできました。

6.作業報告書提出

これまでの工程をまとめた内容と、今後注意すべきことを細かく説明した資料を提出させていただきます。

特に、今後WordPressでサイトを運用する上で注意していただきたい内容については、サイトごとで異なる上にWEBの知識があまりない方でも分かりやすい内容になるよう心掛けています。

作業日数・費用に関して

作業日数・費用に関して

実際にかかった作業日数と費用に関しては以下の通りです。

  • 実作業日数:2日
  • 費用:お問い合わせください

費用については、サイトによって全くことなるため、気になる方・ご依頼を検討されている方は、一度ラッコのWP代行屋さんへ直接お問い合わせください。

お客様のお声

サイト確認いたしました、問題ございません。完璧です!!ご対応いただき誠にありがとうございます。いつも細かい心遣い、本当に感謝しております!

迅速丁寧な対応をしていただいたおかげで作業開始から納品までスムーズに進めることができました。この度は誠にありがとうございました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ラッコのWP代行屋さんは2018年にスタートし、おかげさまで引っ越し・高速化と沢山のご依頼をいただいています。しかし、その中で毎回気になっているのがPHP・WordPress・テーマ・プラグイン等の管理不足です。

この背景には、聞いた話ではありますが、放置していおいたほうが安全という間違った認識が定説になっていることもあります

今回のこの記事を通して、WordPressは便利なツールである反面、逆を返せばセキュリティ面の課題もついて回るということをもっと知っていただきたいと考えています。

もし今、放置してしまっていて気になっている方、ご自身で行うには不安があると思われている方は、そのままにせず是非ラッコのWP代行屋さんに一度ご相談ください。

一つひとつのサイトに合わせた改善プラン・料金をご提案させていただきます!

WordPressの引っ越し・移設 / 高速化 / 改修・改善のご相談はコチラをクリック

もっとイイ記事を書いていきます!シェアお願いします!

著者プロフィール:Master
ラッコのWP代行屋さんのリーダー。WordPressを愛し、WordPressを広めるための活動を積極的に行っています。お役立ち情報からセキュリティに関することまで幅広く発信していきます!

▲TOPにもどる