1. HOME
  2.  > 
  3. ブログTOP > 
  4. 引っ越し > wpXクラウドからConohaサーバーへ引っ越しのご依頼をいただきました!
カテゴリ:引っ越し

wpXクラウドからConohaサーバーへ引っ越しのご依頼をいただきました!

wpXクラウドからConohaサーバーへ引っ越しのご依頼をいただきました!

wpXクラウドからConohaサーバーへ引っ越しのご依頼をいただきました。引っ越し後のネームサーバー変更まで含めた移設は、どのような作業なのか注意点や費用も含め詳しくレポートします!

ご相談内容

サイトを購入したので、買主様のサーバーへ移設をお願いしたいです。ネームサーバーの変更もお願いできますでしょうか。

買主様のサーバーはwpX、購入者様のサーバーはConohaということでした。

Conohaサーバーの移設に関して

Conohaサーバーは、事前にドメイン登録ができてもSSL設定ができません。そのため、ダウンタイムなしの引っ越しには向かないサーバーです。

ダウンタイムとは、アクセスできない状態のことです。アクセスできる状態のまま引っ越し・移設を行う場合、SSLが事前に適応できるサーバーをおすすめしています。

引っ越し前の注意点

引っ越し前の注意点

WordPressの引っ越しを検索すると、たくさん情報が出てきます。

そのため、誰でも出来そうで簡単に見えますが、車と同じでそれぞれレンタルサーバーにもクセのようなものがありますし環境も異なります。

移設前、移設後の環境はどうなっているのか、ファイル拡張子はどうなっているかなど、サービスとして行っている以上”失敗が許されない”ため事前にしっかり確認します。

また、よくプラグイン等を利用した引っ越し・移設方法もよく紹介されていますが、100%保証されいるわけではなく上手くいかずにラッコのWP代行屋さんに依頼されるケースも増えています

以上の点から、ラッコのWP代行屋さんでは引っ越し前と後のサーバーに関して事前調査を行い、どういった点を注意すべきか確認した上で作業を行っています。

作業の流れ

作業の流れ

移設するサーバーによって若干作業の流れも異なります。

今回はwpXからConohaになるので上記で説明した通り、出来るだけダウンタイムの時間が長引かない、可能であればアクセスできる状態のまま引っ越しができる方法で行います。

  • 1.データバックアップ
  • 2.引っ越し先サーバーの環境構築
  • 3.データの移設
  • 4.最終チェック
  • 5.ネームサーバー変更
  • 6.納品、報告書提出

1.データバックアップ

まず初めに行うのはバックアップの取得です。

移設時に何かしらの問題が起きてしまった時のためにということもありますが、移設を行う際には必須の作業です。また、バックアップを取得する際はプラグインではなく手動で行うことが重要です

ラッコのWP代行屋さんでは必ず手動で行うことになっていますが、特定のサーバーはwp-content内しか取得できないこともあるため、独自の方法で取得を行います。

2.引っ越し先サーバーの環境構築

移設前の状態をくまなくチェックします。

投稿数、画像数はもちろん、すでにどこかしらにおかしなところがないかを確認しておくことで納品後の相違を防止できます。そして、移設先のサーバー環境も整えデータ移行の準備を行います。

引っ越し・移設は、引っ越し後よりも引っ越し前に最新の注意を払い、どのレンタルサーバーにも完璧に移設できるように事前準備を徹底します。

3.データの移設

以上の準備が整ったらデータを移設します。

移設する場合のプラグインは使用しません。一つひとつのファイルを目視で確認しながら移設することで漏れを防ぎ全てのデータを着実移設します。

ちなみに引っ越しを個人の方に依頼したり、ご自身で行ってうまくいかず、ラッコのWP代行屋さんに依頼される方の多くがこういった地道な作業を行わずに失敗しています。

4.最終チェック

データの移設が完了したら移設先サーバーの稼働状況を確認です。

問題なく表示されているか、投稿数・画像枚数に漏れはないか、プラグインは正常に稼働しているかなどなど細かくチェックしていきます。

この時点で何かしら問題があれば、どこが影響しているのか原因を探し、その環境に合わせたチューニングを行います。

5.ネームサーバー変更

移設先サーバーで正常に稼働していることを確認したら作業の最後にネームサーバーの変更を行います。

ドメイン会社によって繁栄されるまでの時間には差があります。今回ご依頼いただいたwpXサーバーは、他社サーバーよりもかなり時間がかかるようでした。約12時間後くらいに完全に切り替わっていることを確認しました。

6.納品、作業報告書提出

すべての作業を終えたら作業報告書を提出します。

どのような流れで引っ越しを行ったのか、今後サイトを運用していく上でどういった点を注意すれば良いのかをまとめた資料を提出し、新しいサーバーでも問題なくWordPressが使用できるよう最後まで細かい対応を心がけています。

作業日数・費用に関して

作業日数・費用に関して

wpXからConohaサーバーへ引っ越しを行う際にかかった日数と費用は以下の通りです。

  • 作業日数:2日
  • 費用:26,500円(税別)

作業開始から納品まで2日でした。ご依頼から移設先サーバーを決めるまでに少々お時間かかりましたが、情報をいただいてからは円滑に進めることができたため2日で納品となりました。

費用の内訳は以下の通りです。

  • 引っ越し:25,000円
  • ネームサーバー変更:1,500円

どちらも環境によって多少異なりますが基本料金は以上の通りです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。同じWordPressでもサーバー会社によっては方法も様々です。

今回は、Conohaサーバーということで事前のSSL対応は難しかったのですが、ほとんどダウンタイムなしで移設することができました。

ラッコのWP代行屋さんでは、サーバーの移設に加え広告タグの変更、ネームサーバーの変更など幅広く対応可能です。まだサーバーを契約されていない状況からでもお引き受けします。

WordPressの引っ越し、移設を検討されているか方は、是非ラッコのWP代行屋さんにお任せください!

WordPressの引っ越し・移設 / 高速化 / 改修・改善のご相談はコチラをクリック

もっとイイ記事を書いていきます!シェアお願いします!

著者プロフィール:Master
ラッコのWP代行屋さんのリーダー。WordPressを愛し、WordPressを広めるための活動を積極的に行っています。お役立ち情報からセキュリティに関することまで幅広く発信していきます!

関連・おすすめ記事

wpXクラウドからConohaサーバーへ引っ越しのご依頼をいただきました!

ConohaからXserverへ、アフィサイト引っ越しレポート

wpXクラウドからConohaサーバーへ引っ越しのご依頼をいただきました!

Conohaサーバー内の引っ越し(ドメイン変更)のご依頼をいただきました!

wpXクラウドからConohaサーバーへ引っ越しのご依頼をいただきました!

VPS(kusanagi導入)サーバーからの引っ越しご依頼レポート

▲TOPにもどる